2011年5月の活動
2011年5月スリランカツアー スリランカ・日本教育文化センター
日本に里親が約900人、幼稚園、図書館などの施設が数か所あるそうです。ここにいる子ども達の半分が奨学金で大学に入学、卒業後は先生になったりします。9月にはセンターの先生たちが北部幼稚園に研修に来ることになりました。

ラトマラナの聾唖学校
5歳から18歳までの子どもたちが学んでいます。寄宿舎で生活しています。
訪問したときは、ちょうど英語の授業や数学の授業中でした。(手話を使って)

ゴール市長とミーティング
ゴール市は世界遺産の街。1658年からオランダ人が来てゴール要塞を作ったことや、ゴールは歴史のある街です。スリランカの南西にあります。
宇城市との国際交流の為来日します。フェアトレードフェスタにも参加していただきます。

ラヴァナゴダ村
コーヒー工場があるラヴァナゴダ村を訪問。デヘミ組合長のアーリーさんのお宅を訪問しました。アーリさんの息子さんが飼っているマール(シンハラ語で魚のこと)を見せてくれました。

ダンブッラ石窟寺院
世界遺産。キャンディの北に位置します。5つの石窟があり、何体もの黄金の仏像、王様の像が納められています。

シーギリヤロック
世界遺産。カーシャパ王が建造した宮殿跡です。頂上からの眺めは最高です。

農業大臣とミーティング。
10/1に開催のフェアトレードフェスタにご招待します。
農業大臣のMr.Reginold Coorayは元シンガー。


スリランカのお菓子
右:アスミン 左手前:ビリタラバ  左中央:コキス 左奥:コンダ
他にもムンというお菓子があります。とても素朴な味わいです。

5月2日から8日までのスリランカツアーの報告です。
  
スリランカ・日本教育文化センター訪問。   聾唖学校訪問                ゴール市長Mr.Methsiri De Silva(左)
  
ラヴァナゴダ村訪問。左がアーリーさん。    世界遺産ダンブッラ石窟寺院。        シーギリヤロック。
  
農業大臣Mr.Reginold Cooray(右)。    宝石の町ラトゥナプラの採掘現場。  スリランカのお菓子(米の粉を使ったお菓子)

【注意】本サイトの記事、写真、イラストなどの著作権は日本フェアトレード委員会に帰属します。無断転載、再配信、再配布等はご遠慮ください。
 Copyright (C) 日本フェアトレード委員会 All Rights Reserved.