2008年12月の活動
スリランカフェスタ熊本 2008 
   
開会の挨拶           JICA九州より説明       
去る12月6日、熊本市国際交流会館に於きまして、スリランカフェスタ熊本2008が行われました。フェスタでは、JICA九州から草の根技術協力事業の話、スリランカの歌や、子ども達の歌と、踊り、青年海外協力隊の活動体験談、日本フェアトレード委員会からの活動報告、スリランカコーヒーの試飲会等がありました。スリランカ大使館から公使のマーパ氏をお招きして、「スリランカと日本の関係」についての講演も行われました。
    
      子ども達の歌
   熊本在住のスリランカ人留学生が「千の風になって」を歌ってくれました。
    
青年海外協力隊員の活動体験談
   日本フェアトレード委員会の活動報告 
  
  スリランカ大使館公使のマーパ氏と記念撮影
今回のイベントを通して、様々な方々に貴重なご感想を頂き、誠にありがとうございました。これを参考にして、次回の課題にしたいと思います。


スリランカフェスティバルチラシ(259KB)
プレスリリース(187KB)
<アンケート結果報告>
たくさんのご感想、ご意見ありがとうございました。その中から、一部抜粋させていただきました。 
・スリランカの歌の素晴らしさに感動しました。
・JOCV18−1養護隊員としてスリランカにいた。
・今まで、スリランカと言えば紅茶のみを連想しましたが、コーヒーの生産国でもあることを知り、新たな一面を発見しました。
・草の根事業についてとその実例としての日本フェアトレード委員会の取り組みが分かりました。
・現在、卒業研究の一環としてフェアトレードを学んでいるのですが、現地の情報はあまりなく、本当に支援として成り立っているのか課題はあるのか等といったことは分かりませんでしたが、本日はその部分をとても詳しくお聞きすることができ、大変貴重な経験となりました。

今回、ご来場の方々にスリランカのコーヒーを試飲していただきました。たくさんの方から、「大変美味しかった」というご感想をいただきました。ありがとうございました。

【注意】本サイトの記事、写真、イラストなどの著作権は日本フェアトレード委員会に帰属します。無断転載、再配信、再配布等はご遠慮ください。
 Copyright (C) 日本フェアトレード委員会 All Rights Reserved.